サイバラの作ったDirectShow関係のプログラムページ


Counter : 49081

ダウンロードリンク

過去のバージョンはこちら(通常は不要です)

ソースファイル一式のコンパイルについて

Windows専用である以外は特に変なことはしていませんので、 普通にコンパイルできるかと思います。 詳細については プログラムのビルド方法について:Windowsでのビルド方法を参照してください。

各種カメラでのlist_camera.exe実行結果

 上記list_cameraで、カメラの各種性能パラメータを収集した結果です。
 この手の情報ってどこかでまとまっていると思うんですが、見当たらなかったので 自分で集めてみました。例えばMJPEGデータは使えるのか否か、1024x768で30fpsの 性能があるのか、パッケージには「最大30fps」としか表記が無い場合が多く、 目的の解像度では15fpsしか出ない、ということも多いので、 そのあたりの参考になれば幸いです。
 ただ、これもあくまでDirectShowのインタフェースでカメラドライバからの 応答を見ているだけですので、実際には出ない可能性もあることを念頭に置いて ください。特に暗い環境でシャッター時間が長くなる場合、それに比例して フレームレートも落ちる傾向がありますし、 ひどい場合には30fpsで送るよ〜って事前に応答が返っていても、 いざ動かしてみると15fpsでしか画像データが送られてこない場合もありました。
 下記以外のカメラの情報ありましたら私までお送りください。 特に私自身では完全に調べようがない、 ノートPC内蔵のカメラについての情報があると有難いです・・・。 自分で新しいUSBカメラやデバイスが入手できた場合を含めて、 新しい情報が入り次第、随時反映していきたいと思います。
原則、USBカメラはメーカー名順、型番順(アルファベット順)に並べています。 以下、ノーブランド。 Amazonで同じものを購入したとしても、同じ結果になる保証はありません。以下、ノートPC内蔵カメラ いわゆるビデオキャプチャ機器 (USBキャプチャケーブル、 HDMIキャプチャ装置など) でもカメラと同様に動作し、 list_camera情報が取得できます。 以下、補足説明です

Blackmagic Intensityシリーズに関するメモ

 まだメモ程度ですが、このメーカーはドライバにかなり癖があるようで 一筋縄にはプログラムで使えませんでした。 とりあえずこれまでに分かった範囲で。
 まず、CaptureSourceFilterですが、なぜか「Blackmagic WDM Capture」と 「Decklink Video Capture」の2つが出来ます。とりあえず自作プログラムでは 「Decklink Video Capture」の方を使わないと動作しませんでした。 ※2014/04/14追記:最近のドライバだとWDMでも動作するようです。 単純に互換性の問題かもしれないですが。
 入力信号は対応する信号である必要がありますが、 上記の設定でとりあえず動作しました。 例えばフレームレートを30.0fps(33.3333ms)にしても エラーになってしまったりするので、 極力デフォルト値をいじらないようにしないとNGかもしれない。 (FOURCC'HDYC')については詳細不明。 デフォルトでは(UYVY(4:2:2))で、そのまま設定してもエラーにならないので、 もともと似たようなものなのか、 ドライバのバージョンによって違う可能性があります。 とりあえず、デフォルトのColourSpaceConverterで (AVI Decompressorがなぜか2つでしたが)RGB24とかに変換は出来ている模様です。
※私自身は確認できていませんが、 新しく出た「UltraStudioSDI」でも同様に動作したとの報告を頂いています。

FEBON製品に関するメモ

 USB3.0対応UVCのHDMIキャプチャデバイス。いろいろと怪しさ満載ですが、 これも使いこなすのもそれなりにコツがいるようです。

その他プログラムに有用なリンク


E-mail address : saibara@big.or.jp